「ちひろの生まれた家」記念館

新着情報
新着情報

【6/20~9/3】 いわさきちひろ生誕100年ピエゾグラフ展 平和への願い

「ちひろの生まれた家」記念館 夏の企画展

いわさきちひろ生誕100年ピエゾグラフ展 平和への願い

 

青春時代のあの苦々しい希望を何もかもうち砕いてしまう戦争体験があったことが、

私の生き方を大きく方向づけているんだと思います。

平和で、豊かで、美しく、可愛いものがほんとうに好きで、

そういうものをこわしていこうとする力に限りない憤りを感じます。

                          いわさきちひろ 1972年

 

いわさきちひろは、日本全体が戦争へと突き進むなかで青春時代を過ごし、

生命だけではなく、人の心もむしばむ戦争の現実を目の当たりにしました。

第二次世界大戦後、画家となり、生涯を通じて、子どもたちの姿を描くことで、

本当の豊かさや優しさ、美しさとはなにかを問い続けました。

愛情に包まれた子どもの絵と、戦火にさらされた子どもの絵とは対照的ですが、

どちらの絵にも「世界中のこどもみんなに平和としあわせを」という、

ちひろの願いが込められています。

本展では、戦争をテーマにした絵本『わたしがちいさかったときに』『戦火のなかの子どもたち』、

夏の海を舞台にした絵本『ぽちのきたうみ』などを、ピエゾグラフ作品で紹介します。

 

 

いわさきちひろ生誕100年 特設サイト でも紹介されています。ぜひご来館ください。

 

 

≪ トップページへ戻る
ページトップへ戻る