「ちひろの生まれた家」記念館

その女の子は、雪のふる武生のまちで生まれました。
2022.1.5 あけましておめでとうございます
  「ちひろの生まれた家」記念館、本日より通常開館いたしております。   文江先生(ちひろのお母さん)が暮らした当時をイメージした部屋の床の間に、鏡餅を飾りました。   中庭はすっかり雪に覆われています。     今年も
詳細はこちら ≫
2021.12.22 みなさんからいただいたバースデーメッセージを展示しています
1918年12月15日の雪の朝に生まれた「ちいちゃん」こと、いわさきちひろさん。 2021年は103回目のお誕生日、たくさんのお祝いメッセージをいただきました。 ただ今、「ちひろの生まれた家」記念館・別館に特設コーナーを設けて、いただい
詳細はこちら ≫
2021.12.1 ピエゾグラフ展 冬の子どもたち 12/3㊎~2022/3/7㊊
いわさきちひろ 生誕地・武生 ピエゾグラフ展 冬の子どもたち         「ちひろの生まれた家」記念館、今年度第4会期めの企画展です。   いわさきちひろは、ここ武生(福井県越前市)で、1918年12月1
詳細はこちら ≫
赤い毛糸帽の女の子 いわさきちひろ 赤い毛糸帽の女の子 1972年
いわさきちひろ 生家
世代を超えて愛される絵本画家、いわさきちひろの生まれた家
「赤い毛糸帽の少女」のはじまり
絵本画家いわさきちひろ。
子どもへの愛に溢れ、ベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子・著)の絵でも知られるちひろの絵は没後38年経った今も、世代を超え愛され続けている。
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
「赤い毛糸帽の少女」のはじまり
ちひろと母文江の暮らし
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
サンプルサンプルサンプルサンプル。
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
ちひろと母文江の暮らし
ページトップへ戻る