「ちひろの生まれた家」記念館

その女の子は、雪のふる武生のまちで生まれました。
2018.9.22 いわさきちひろ生誕100年ピエゾグラフ展 世界のおはなし 9/12~11/26
「ちひろの生まれた家」記念館、今年度第3会期となるピエゾグラフ展を開催中! 当館と武生公会堂記念館の「いわさきちひろの歩み展」のおトクな共通券(800円⇒600円)もあります。   さざなみのような画風の流行に左右されず
詳細はこちら ≫
2018.9.21 越前市武生公会堂記念館「いわさきちひろの歩み展」
いわさきちひろ生誕100年を記念して、 「ちひろの生まれた家」記念館から近く(徒歩約8分)の市立ミュージアム 越前市武生公会堂記念館でも「いわさきちひろの歩み展」がはじまりました。 9月21日から12月24日まで、前後期2会期の見ごた
詳細はこちら ≫
2018.9.20 ちひろ ―私、絵と結婚するの― いわさきちひろ生誕100年 前進座公演
なぜ、ちひろは、子どもたちのしあわせと平和を願って絵筆を握り続けたのか・・・ ちひろがその生き方を決めた原点を探る舞台 原案:松本猛氏、いわさきちひろを題材とした劇団前進座の公演が 12月20日(木)、越前市文化センター大ホールで
詳細はこちら ≫
赤い毛糸帽の女の子 いわさきちひろ 赤い毛糸帽の女の子 1972年
いわさきちひろ 生家
世代を超えて愛される絵本画家、いわさきちひろの生まれた家
「赤い毛糸帽の少女」のはじまり
絵本画家いわさきちひろ。
子どもへの愛に溢れ、ベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子・著)の絵でも知られるちひろの絵は没後38年経った今も、世代を超え愛され続けている。
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
「赤い毛糸帽の少女」のはじまり
ちひろと母文江の暮らし
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
サンプルサンプルサンプルサンプル。
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
ちひろと母文江の暮らし
ページトップへ戻る