「ちひろの生まれた家」記念館

その女の子は、雪のふる武生のまちで生まれました。
2017.6.13 ピエゾグラフによる きらめく夏の子ども展 6月23日から
2017年度・第2会期となる特別企画展、 ピエゾグラフによる「きらめく夏の子ども展」が6月23日から始まります。 海で、山で、子どもであることの幸せを満喫するかのように駆け回る子どもたちは、 誰もが持っている遠い夏の記憶を鮮やかに
詳細はこちら ≫
2017.4.26 ちひろのアトリエ復元展示が始まります
「ちひろの生まれた家」記念館では、4月29日(土)より、ちひろ美術館、越前市文化課の監修のもと、1階は母・文江さんを中心とした展示に、2階は東京でのちひろのアトリエを再現し、ちひろを中心とした展示がスタートします。
詳細はこちら ≫
赤い毛糸帽の女の子 いわさきちひろ 赤い毛糸帽の女の子 1972年
いわさきちひろ 生家
世代を超えて愛される絵本画家、いわさきちひろの生まれた家
「赤い毛糸帽の少女」のはじまり
絵本画家いわさきちひろ。
子どもへの愛に溢れ、ベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子・著)の絵でも知られるちひろの絵は没後38年経った今も、世代を超え愛され続けている。
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
「赤い毛糸帽の少女」のはじまり
ちひろと母文江の暮らし
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
サンプルサンプルサンプルサンプル。
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
ちひろと母文江の暮らし
ページトップへ戻る