「ちひろの生まれた家」記念館

その女の子は、雪のふる武生のまちで生まれました。
2021.10.15 【重要/更新】 新型コロナウイルス感染予防・拡大防止のためのお願い
「ちひろの生まれた家」記念館では、新型コロナウイルス感染予防・拡大防止のため、   ご来館のお客さまに次の各事項についてお願いいたしております。    ●ご入館の際は マスク着用、体温測定、手指消毒、ご来館者カードのご記入を
詳細はこちら ≫
2021.10.14 2022年カレンダー、好評販売中です!
例年ご好評の「大判カレンダー」が入荷しています。 2022年版の表紙は、絵本『あかいふうせん』(偕成社)の「風船とまい上がる少年」です。     A2サイズで(税込)1,540円、2ヵ月毎に次の作品が掲載されています。
詳細はこちら ≫
2021.9.7 ピエゾグラフによる わたしの 好きな ちひろ展 9/10㊎~11/23㊋㊗
今年度第3会期となる「いわさきちひろ 生誕地・武生 ピエゾグラフ展」は… みんなのリクエストでつくる展覧会   ちいさな頃を思い出す、やさしい母が好きだった、描かれている子どもが わが子にそっくり…などなど。   みなさんから寄せられ
詳細はこちら ≫
赤い毛糸帽の女の子 いわさきちひろ 赤い毛糸帽の女の子 1972年
いわさきちひろ 生家
世代を超えて愛される絵本画家、いわさきちひろの生まれた家
「赤い毛糸帽の少女」のはじまり
絵本画家いわさきちひろ。
子どもへの愛に溢れ、ベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子・著)の絵でも知られるちひろの絵は没後38年経った今も、世代を超え愛され続けている。
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
「赤い毛糸帽の少女」のはじまり
ちひろと母文江の暮らし
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
サンプルサンプルサンプルサンプル。
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
ちひろと母文江の暮らし
ページトップへ戻る