「ちひろの生まれた家」記念館

その女の子は、雪のふる武生のまちで生まれました。
2019.4.15 GWの10連休は全日開館します!
「ちひろの生まれた家」記念館は、ゴールデンウィークの10連休の間、全日開館します。 ただ今、いわさきちひろ 生誕地・武生 ピエゾグラフ展 春のおとずれ ~小鳥のさえずり を開催しています。 春の花や子どもたちとともに描かれた小鳥やネコた
詳細はこちら ≫
2019.4.15 (ピエゾグラフ展)春のおとずれ ~小鳥のさえずり
ただ今、「ちひろの生まれた家」記念館では、 いわさきちひろ 生誕地・武生 ピエゾグラフ展 春のおとずれ ~小鳥のさえずり を開催しています。   花と子どもを最も得意な画題とした ちひろ にとって、春は本領発揮の季節。 今
詳細はこちら ≫
赤い毛糸帽の女の子 いわさきちひろ 赤い毛糸帽の女の子 1972年
いわさきちひろ 生家
世代を超えて愛される絵本画家、いわさきちひろの生まれた家
「赤い毛糸帽の少女」のはじまり
絵本画家いわさきちひろ。
子どもへの愛に溢れ、ベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子・著)の絵でも知られるちひろの絵は没後38年経った今も、世代を超え愛され続けている。
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
「赤い毛糸帽の少女」のはじまり
ちひろと母文江の暮らし
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
サンプルサンプルサンプルサンプル。
サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル。
ちひろと母文江の暮らし
ページトップへ戻る