「ちひろの生まれた家」記念館

新着情報
新着情報

「ちひろの雪だより」展 2023/12/8(Fri)~2024/3/4(Mon)

2023年度(第4会期)の【いわさきちひろ 生誕地・武生 ピエゾグラフ展】は、

冬の季節ならでは、ちひろが描く「雪」の表現がテーマです。

 

 

1918年12月15日、いわさきちひろは、雪の積もる武生(現:福井県越前市)に生まれました。

 

信州出身の両親をもつちひろは、女学生のころよりスキーを得意とし、冬にはよく雪山を訪ねました。

また信州北端の黒姫に構えた山荘を、冬は「雪雫亭(せっかてい)※」と呼び、

窓辺の雪景色を眺めながら制作をすることもありました。

 

絵本やカレンダー、雑誌の表紙など、ちひろの作品には雪を描いたものも少なくありません。

雪に親しみがあるからか、ちひろは、きらきらと輝く雪の結晶やしっとりと水気を含んだぼたん雪、

雪原を舞うパウダースノーなど、雪を多彩に描き分けています。

 

本展では、ちひろの雪の表現に焦点を当て、

絵本『つるのおんがえし』や『おにたのぼうし』、『ゆきのひのたんじょうび』などを紹介します。

 

※「雫(しずく)」という字に「カ」という音はありませんが、ちひろはあえてこのように呼んでいました。

 

 

【過去の展覧会】

「ちひろの生まれた家」記念館の過去の展覧会は、

リンク先「インターネットミュージアム」サイトの当館のページより、

「このミュージアムの過去の展覧会・イベント一覧を見る」をご覧ください。

 

 

≪ トップページへ戻る
ページトップへ戻る