「ちひろの生まれた家」記念館

館内案内
館内案内
建物に関する紹介
ちひろが生まれた当時の面影を今に伝える記念館
「ちひろが生まれた家」記念館は、ちひろの母である文江が暮らしていた大正時代の趣を復元し、2004年10月16日に開館しました。町家風の館内の1階には、高等女学校の新任教師として武生に赴任した文江が過ごした部屋をイメージした和室があり、当時を垣間見る板壁や箱階段、井戸なども見ることができます。
また、2階には東京都練馬区下石神井(現ちひろ美術館・東京の所在地)のちひろの自宅に設けられたアトリエを再現。2016年4月に増床された

いわさきちひろ 近影 ギャラリースペースでは、ちひろ美術館と連携した企画展などを随時開催しています。
そして、館外に建てられた「いわさきちひろ生誕の地」碑には、「絵本画家いわさきちひろは、・・・雪の降りしきる朝にこの家で生まれた」と刻まれています。
いわさきちひろの世界に親しむ記念館で、穏やかなひと時をお過ごしください。

「ちひろの生まれた家」記念館 案内図
見取図と板壁 箱階段 グッズコーナー 写真と年表 母文江と武生高等女学校 大正時代の新聞 再現された居間 井戸 ちひろの本コーナー 特別企画展 トップページへ
ページトップへ戻る